記事一覧

しなりおのかきかた ADVとサウンドノベル

基本は前回でおしまい。
このへんは癖にしておくといいかもよ。

また思いついたら、こまごまと書いていくですよ。

さて今回は、「アドベンチャー形式とサウンドノベルの違い」について。

僕夏は、アドベンチャー形式です。
サウンドノベルとは違います。

このへんは、企画開始当初に話し合って、この流れになったんだよね。

じゃあ、何が違うのかっていうと。

 ADV → メッセージウィンドウが画面下部(にあることが多い)に表示され、すべての文章がメッセージウィンドウに表示される。
 
 サウンドノベル → 画面いっぱいを一枚絵、立ち絵とともにメッセージウィンドウとして表示される。

 ポートピア連続殺人事件と、かまいたちの夜。
 そんな感じ。

 ――じゃあ、文章を書くうえでの違いは?

 決定的な違いは、「文章量」。
 サウンドノベルのほうが圧倒的に多い。
 一画面に表示される文章量もそうだし、大抵の場合は全体の文章ボリュームもサウンドノベルのほうが多い。
 そりゃそうだ。サウンドノベルは「ノベル」。小説だもんね。
 読むことを主眼に置いてあるから。

 それを踏まえたうえで、具体的な書き方の違い。

 ADVは、会話がかなりのウェイトを占めます。
 俗に言う「地の文」っていうのが少ない。
 地の文のほとんども、主人公の独白に利用される。

 つまり、「誰かの発言および思考」がほぼ100%なのですよ。

 どういうことかっていうと、「情景描写や行動などの描写に利用される文」っていうのがほとんど存在しない。
 必要に応じて使うことはあるんだけど、全く無くても成り立つ。

 大まかに言うと、
 「俺たちは森の中にいる」
 こういうのは不要。
 だって、背景の絵が森の中なら、説明の必要はないよね。
 「~と、○○は言った」
 その直前で、○○の発言と共に、立ち絵が表示されてる筈だからね。

 このへんで、うまく言えば「楽ができる」。
 手抜きでもある。
 情景、表情、行動なんかの描写は、絵に丸投げ。
 そのぶん、会話や話の流れに注力する。

 このへんが、形式の違いになってるのかな、と思うとですよ。