記事一覧

しなりおのかきかた プロット

シナリオ講座が終わったら?
……終わりが見えないよ?

というわけで、順番バラバラでまとまりがない俺です。どうも。

今回のネタは『プロット』
あくまで、俺の独断と偏見で書いてるっていうことを再度、強調しときますね。

シナリオを語るうえで、必ず聞く言葉。『プロット』。
実際に、どんなものかを知ってる人はあまりいないんじゃないかな。

プロットは、シナリオだけに使われる単語じゃないです。

>>プロットは英単語の動詞 Plot のことであり、書く、描画する、点を打つ、などの意味を持つ。また、名詞では構想、脚本、描画などの意味を持ち、一定の意味や意図を書き出したものを plot と呼ぶなど、様々な意味で使用されている。

Wikiより。

この場合で使われるプロットの意味は、『構想』じゃないですかね。

プロットを作る段階になると、物語のだいたいの構想は頭の中に入ってるんじゃないかなと思うです。
それを、メモみたいな感じで忘れないようにしとくのがプロット。

俺はだいたいそんな感じで捉えてますよ。
とくにゲームのシナリオの場合、必要な要素
舞台背景、登場人物、物語のテーマなんかは決まってる場合が多いですからね。
ゼロから作る場合は、そのへんから考えないといけないわけですが。

で、実際にプロットを作る。
さっきも言ったとおり、俺のプロットは「備忘録」とほぼ同義です。
頭の中で展開された話の流れを、忘れないようにメモしとく。

だから、単語の羅列になる場合が多いです。
僕夏で作ったプロットは、もうちょっと肉付けして細かく書いてありますが。
人に見せるプロットなら、話の粗筋くらいにまで作る必要がありますね。

人に見せないプロットなら、自分がそれを見て理解できて、そこから話がつくれればおk。

ちょっと具体的に、俺のプロットから持ってきますです。
といっても、全部やると大変なことになるので、イベントから一個だけ。
======================================
12 願うもの、失うもの(祭り後)
 花火を背後に、二人は歩く。
 誰もいない高台で、夏輝はあやめに気持ちを伝える。
 好きだと。
 しかし、あやめは頭を振る。
 あの、唇をかみ締めた表情で。
 夏輝を嫌いなわけじゃない。しかし、自分は夏輝を受け入れることができない。
 あやめの涙に、夏輝は黙ることしかできなかった。
 そして、血相をかえたももと阿部。
 豪三郎が、片付けの最中に櫓の下敷きになって怪我をしたという。
 幸いにも軽症だったが、あやめはひどく取り乱す。
 家族が事故にあえば、こんなものかと夏輝は思った。

======================================
イベント番号、イベントタイトル、イベント内容。
この3つ。
これを見ながら、あとからイベントが作れるような内容。

で、実際に書いてる最中に、プロットから外れた内容になる場合もある。
よくあること。
そこで後の流れが変わるなら、プロットをかえればいいんですよ。
商業ならそうはいかないかもですけどね。

プロットの書き方、作り方に決まった定義はありません。
分類化して、細かく作る人もいれば、俺みたいに適当にやる人もいる。
自由にやればいいと思うですよ。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ちょっと余談ですが、粗筋について誤解してる人が多いですよね。
粗筋は、「その話をざっくりかいつまんで説明する」みたいな感じです。
よく
 「そして主人公は……」
みたいな〆で終わってる人がいますが、これは粗筋じゃないです。
 「そして主人公は○○して、○○になった」
ちゃんと完結まで書きましょうね。