記事一覧

シナリオに携わるって

見てるだけより色々細かいとこで大変だと気付く。
先生が居るから、ようやく形になってます。

スレでは可もなく不可もなく。
プラスにうけとって、「これでOK」なのねと思い、先にすすむしか。

完成が見たい。
どうしても完成が見たい。
今はそれだけかなぁ。

まだまだ楽しいのが救いです。

しなりおのかきかた ADVとサウンドノベル

基本は前回でおしまい。
このへんは癖にしておくといいかもよ。

また思いついたら、こまごまと書いていくですよ。

さて今回は、「アドベンチャー形式とサウンドノベルの違い」について。

僕夏は、アドベンチャー形式です。
サウンドノベルとは違います。

このへんは、企画開始当初に話し合って、この流れになったんだよね。

じゃあ、何が違うのかっていうと。

 ADV → メッセージウィンドウが画面下部(にあることが多い)に表示され、すべての文章がメッセージウィンドウに表示される。
 
 サウンドノベル → 画面いっぱいを一枚絵、立ち絵とともにメッセージウィンドウとして表示される。

 ポートピア連続殺人事件と、かまいたちの夜。
 そんな感じ。

 ――じゃあ、文章を書くうえでの違いは?

 決定的な違いは、「文章量」。
 サウンドノベルのほうが圧倒的に多い。
 一画面に表示される文章量もそうだし、大抵の場合は全体の文章ボリュームもサウンドノベルのほうが多い。
 そりゃそうだ。サウンドノベルは「ノベル」。小説だもんね。
 読むことを主眼に置いてあるから。

 それを踏まえたうえで、具体的な書き方の違い。

 ADVは、会話がかなりのウェイトを占めます。
 俗に言う「地の文」っていうのが少ない。
 地の文のほとんども、主人公の独白に利用される。

 つまり、「誰かの発言および思考」がほぼ100%なのですよ。

 どういうことかっていうと、「情景描写や行動などの描写に利用される文」っていうのがほとんど存在しない。
 必要に応じて使うことはあるんだけど、全く無くても成り立つ。

 大まかに言うと、
 「俺たちは森の中にいる」
 こういうのは不要。
 だって、背景の絵が森の中なら、説明の必要はないよね。
 「~と、○○は言った」
 その直前で、○○の発言と共に、立ち絵が表示されてる筈だからね。

 このへんで、うまく言えば「楽ができる」。
 手抜きでもある。
 情景、表情、行動なんかの描写は、絵に丸投げ。
 そのぶん、会話や話の流れに注力する。

 このへんが、形式の違いになってるのかな、と思うとですよ。

しなりおのかきかた 基本そのさん

やあ。

最初に言っておく。
俺、別に文書技法とかしっかり勉強したわけじゃないから、勘違いみたいな部分もあるけどよろしく。

「俺の書き方はこうですよ」っていう感じですよ。はい。

というわけで、基本はこれで最後かな? と思うです。

◎句読点
 「、」←読点
 「。」←句点
 なぜか逆に覚えてる人もたまに見かけます。

 乱暴に言えば、
 読点←発言中の息継ぎ部分
 句点←一文章の終了記号

 こんな感じ。
 重要なのは、読点のバランスとか使い方。
 前述の「息継ぎ」をそのままの意味で使うと、けっこう一文章が長くなる。
 一文章が長くなるってどういうことかっていうと、
 簡単。
 読みづらい。

 なので、「ひらがな文字が連続する場合」や「漢字が連続する場合」なんかも、熟語と熟語の分離という意味で使うと、それだけで読みやすくなる。

 俺のシナリオから例題として。
 夏輝「あやめ姉の浴衣、綺麗だよね」
 夏輝「あやめ姉の浴衣綺麗だよね」

 どうかな。
 ひらがな連続の場合はわかりやすいのを。

 「すもももももももものうち」
 「すももも、ももも、もものうち」

 どうでしょ。

 最初にだーっと書いて、書いたあとで自分で読み返して、読みやすいかどうかってチェックするのは大事だよ。

しなりおのかきかた 基本そのに

まあぶっちゃけ、シナリオって誰でもできるわけで。
それが面白いかどうか、っていうのは別の話だけど、
個人的には絵より習得しやすいんじゃなかろうかと。

というわけで、続き。

◎!、? などの感嘆符、疑問符のあと文章をつなげる場合、スペースを一個置く。
 ○「うお! びっくりした」
 ×「うお!びっくりした」

 暗黙の了解みたいな部分。
 読みやすさ、なのかな。どうしてか、っていうのは俺にも。

 ただ、文章中に感嘆符、疑問符を多用するのはあまりよろしくない。
 ここぞ、というときだけ使いましょう。
 ♪も同様でござるよ。

しなりおのかきかた。

ども。未確認@シナリオです。

今回、紗耶シナリオをスクリプタの867氏、絵師の丁稚の両名が行うっていうことで、書き方のお作法じゃないけど、気をつけて欲しい点なんかをメモっておこうかなと。

俺みたいなへたれライタがこんなことをするのもおこがましいけど、まぁそのへんは気にしない。

というわけで、最初は大の基本。コレだけは守っておけよというポイントを。

◎「…」は偶数個セットで
 さんてんりーだ、って言います。
 「てん」や「・・・」から変換できます。「・」で単語登録していても便利。

 よく、「、、、」とか「。。。」なんかの句読点でやっちゃう人もいますが、文章の中で使うのはあまりよろしくない。
 「・・・」みたいな、中点3個や、「‥」のような二点リーダでやる人もおりますね。これも気をつけたほうがいいでしょうね。

 俺は多用します。文中の「間」を作ったり、「言葉を選ぶ、考える」っていうのを暗にあらわしたりするときに使ったりします。

------------------------------------------------------------------
以下、Wikipediaより転載。

 主な用法は以下の通り。一部はダッシュと同じような機能である。

* 会話の中で無音の状態(間)を表す。
o (例)「なるほど。……そうなのか。」
* 文の末尾で余韻を感じさせる。この場合、リーダーの後に句点を付けない。
o (例)そして、山へ向かった……
* 引用で文の一部を省略していることを示す。
o (例)書籍には「彼女が……考えた」とある。

 原稿用紙で手書きをする時には、三点リーダーを2マスつづけて書き入れるのが一般的である。

* これは、1946年(昭和21年)に文部省教科書局調査課国語調査室(当時)が作成した『くぎり符号の使ひ方〔句読法〕(案)』のテンテンの用例に点6つが打たれている事から広まった可能性がある。ただし同案には、テンテンの符号として点6つと点3つが併記されている。またテンテンと同種の記号として、会話で無言を表すテンセン(点9つ)を示している。項目のつなぎもテンセンとしている。

( http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%80%E3%83%BC_(%E8%A8%98%E5%8F%B7) )

------------------------------------------------------------------
 まあ、そんなわけではっきりと「こうしなければならない」っていう決まりはないみたいですよ。でも、一般的であるから倣っておいたほうが良いかと。

 「リーダのあとには句読点をつけない」はやっちゃいやすいポイントかな。

続きはまた今度。

キングゲイナー

作業前の仮眠時のこと。
脳みそのゴミを吐き出すために夢を見るわけだが、これがすごかった。

序盤は、トライアンフを託され、レトロ大好きなカフェ常連のおっさんどもと
そいつを乗りこなすために談義しながら練習という我ながら趣味の良い夢。
が、一転。
別の店のドアから現れた男に追い回される。殴られる、殴られる、手当たり次第につかんだ物で。
俺も追われる。追ってくる、キングゲイナー歌いながら。
段々ムカついてきて反撃を決意、互いに凄い形相で駆け寄っていくとこで目が覚めた。

…何でキングゲイナー?

お盆も終わり…

ファイル 89-1.jpg

皆さん、いかがお過ごしでしょうか。
俺は帰省したり洗濯したり、まぁリアルと折り合いながらぼちぼちと
プロジェクトを進めるという方針にシフトしている今日この頃。

色々あるけれども。あったけども。
シナリオやら全体構成やらを残ったメンバーで練り直してるとこ。
何というか、ありふれた、手垢の付いたネタを無難に形にする、
それだけで手一杯って感じではあるけれど。
まぁそれが俺は楽しいと感じてるし、ペイする必要は無いしね、いいのよw
ただ、うけたいとは思ってるっていうかすっげー思ってるので工夫は重ねるよ。
これからも、気が向いたら様子見に来たりしてもらえると幸せ。

最近めっきり落書きサービスが途絶えてるので、帰省中に手書きで
プロットいじってたときの落書きをうp。
これからはちょくちょく落書きするよ。練習がてら。
それにしても、年寄りの絵だねー。あーやだやだw

風邪ひいた

のどが痛い。
おまけに久々に喘息のなごりがでて、ゼヒゼヒゆってるし。
ていうか、こんなモロに風邪ひいたの年単位で久々だよ。
夏風邪にはご注意を。つらいよー?泣けるよー?

現状を白状すると…

掃除しなきゃ生活できないとこまできてまして…
でも、キライなのよ、掃除w

で、寸前で現実逃避するもんだから何一つ進めない。
銀ちゃんに夏休みになったら好きなだけエロゲやりにこいやーってゆったけど、
来られたら俺の寝るスペースどころか座ることもできねーwww

ちょっとずつやるさー。
多分今から。
終わるまでちょっと進めない。ごめん…

立ち絵指定ツール進捗

ファイル 86-1.jpg

すくとり用にスクリプトを変えてあったのでかなり混乱したけど、
ちょっとは進んだ。CSVデータの読み取り仕様が微妙に違うのだw
せっかくだから、大量のポーズ差分でも画面に収まるように工夫してみた。
折りたたまれたポーズのサムネイル上でマウスを動かすとスライドして
選択画像が開く。
人前に出すものとしては動作がぎこちないけど、外国のライブラリ
使ってるからドキュメントがサパーリ読めなくて細かく調整できねぇw
でも、前よりかっこいいおwレイアウトすっきりだおwww

後は顔を選べるようにするんだけど、ここまで来たら多分楽勝なんで
今からまたローゼン見るぜwwwwwwwwww
ローゼンといえば、げっぷの動画制作スレが凄いことになってる。
クオリティたっけええええええw

草生やし過ぎ。ちょっと疲れてるんだ。見逃せ。